--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.05.10

文庫本の整理&お引っ越し

やろうやろうと思いながら,ずっと目を背けてきた文庫本の整理に,ようやく手をつけました。
文庫本はここに収納していたのですが,

寝室の本棚
(使いまわし画像。最近はもっとすごいことになっていた…(汗))

もう収納できんわい!と突っ込みが入る状態までいきました(汗)。
なので,文庫本をお引越し。




ここに棚を作って文庫本を移動させます。



棚板は杉プレーナー材を使用。
プレーナー材って何?って感じですが,まあ,そういう板らしい。
それに水性のオイルステンで塗装します。塗装というのか?



屋内なので水性で十分。
ホームセンターで売っています。
以前使った残り。まだまだ使えそう。
(玄関に棚を付けたんですけど,ブログを始める前の話で,記事になってませんでした。)



棚受けはこちら。
ホームセンターで見かけて,ずっと狙っていたもの。
いつ見に行ってもあるので,多分人気なのかなと。
ネットでも見ました。ホームセンターと同じ値段です。



さっそく付けてみて,っと…,



こっちも付けて…,



完成!
思ったよりも簡単にでしました。
こんなに簡単にできたなら,もっとはやくすればよかった…。
(これは何をやっても毎回思うこと。)

が,ここで問題発生。
実際に文庫本を乗っけてみたら,板がたわんでしまう…。
こんなことならケチらずに,もうちょっと分厚い板を買えばよかった。
棚受けを買うときに,補強金具も買おうかどうしようか迷って,結構なお値段がしたのと(300~400円くらいなんだが),サイズが分からなかったのでまあいいや,としてしまったのです。
あの時買っておけばよかった。

また今度にしようかな…と一瞬思ったのですが,床に山積みになっている文庫本をこのままにしておくと,猫どもに荒らされるのは必須。
だったらもう一度ホームセンターに行って買ってきて,今日中に何とかしちゃったほうがいいよね…。
レジのおばさん,シフト変わっててくれないかな…(結構こういうの気にする)。



サイズをちゃんと測って,補強金具と皿タッピング(ねじ)を買ってきました。
(結局レジのおばさんは同じ人だったけど,違うレジでお会計したので,ちょっと安心。)
モノはそろったから,あとはやるべし!



均等になっていないのは気にしないでください…。



全部乗るかな…と心配していたんですが,全部乗った上にあと10冊ぐらい収納可能!
何よりこれが嬉しかったりしてw



細かいところはいろいろガタガタですが,割かしきれいにできました。できていますよね?(←うざい)



本棚もずいぶんすっきりしました。
こちらももう少し収納できるかな。
いや,これ以上増やしてはならぬ…。
これからは図書館を利用するようにしよう。



ついでに不要な本も選別しました。
「チーズはどこに消えた?」は発売当時,ものすごく話題になったのですが,私には何がそんなにいいのか理解できず,でも興味があったので買って読んでみたけれど,やっぱり何がいいのか理解ができず,3回ぐらい読んだのですが,結果,何がいいのかさっぱり分かりませんでした。
私には啓発本は向いてないってことがよーく分かった本です。
「“it”と呼ばれた子」は,読んだ当時,ものすごく衝撃を受けたんですけど,衝撃が強すぎて多分もう読み返すことはないと思います。
とても大事な本だとは思うんですけどね…。
心理のことを専門に勉強し始めてから,この手の本を素直に読むことができなくなりました。
それだけ大人になったってことかしら?(多分違う)

これらの本は近いうちに売りに行ってきます。
で,そこで新たに本を買ってくるに10000点(byクイズダービー)。


●今回かかった材料費
-----------------------------------
・棚受け×2 2160円
・杉プレーナー材 828円
・補強金具×3 834円
・皿タッピング(12本入り) 158円
-----------------------------------
合計 3980円
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://southernwindheights.blog129.fc2.com/tb.php/163-d1d2235a
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。